構成と学習内容
  1. ホーム
  2. 構成と学習内容

構成とストーリー

「フライングカー・コーポレーション」は第Ⅰ部から第Ⅳ部までの4つで構成され、全体を通して、ひと繋がりのストーリー(物語)が設定されています。各部の最初に状況変化があり、その設定のもとで、実際に自分たちで考え、行動してみて、その体験をふりかえることで学習が深まります。チーム同士での得点競争も加わり、自然と熱中するプログラムとなっています。

導入企業様の声からもその様子が伺えます  こちら

ストーリー

構成と学習内容の流れ 第1部 FCCはどこだろう 第2部 FCCを訪問しよう 第3部 フライングカー・ビエントを使って損益を出してみよう 第4部 新たな出発を支援しあおう

グループ毎に1つの航空機メーカー(製造会社)となり、受講生はその社員となります。
顧客である航空会社「フライングカー・コーポレーション(FCC)」から大きなプロジェクトを受注するために、受講生チームはFCCを訪ね、受注獲得を目指して営業し、受注後は顧客の厳しい期待に応えられるよう計画を立て、会社一丸となって製造・納品を行います。力を絞り切ったチームを待ち受けるのは損益計算と決算です。そしてある会社は適正な利益を上げ、またある会社は赤字となり…。結果を受けてチームは互いをねぎらい、新たな出発にのぞみます。

内容

第Ⅰ部 フライングカー・コーポレーションはどこだろう

ストーリー

今年度、大きな売上を期待できる顧客であるFCCを訪問することになりました。
チームメンバーは互いの持つ情報をあわせ、目的地に向かう地図を作ります…

ここで学ぶこと
チームづくり・コミュニケーション・情報収集の仕方とその取扱い方・活動方針の大切さ

その結果

はじめて仕事をする仲間同士の緊張を解き、やわらげ、次の第Ⅱ部から始まる企業活動の体験を効果的に進めていくための「ウォーミング・アップ」になります。そして、“チームで協力する”とはどういうことかについて、一人ひとりのここでの体験を通して考えながら、「チームづくり」を行います。これによって、受講者はチームワークに必要ないくつかの要素を学習しながら、より効果的に課題が達成できる「チーム」へと成長していきます。

ページの上部へ戻る

第Ⅱ部 フライングカー・コーポレーションを訪問しよう

ストーリー

FCCから画期的な大型プロジェクトを受注するチャンスがやってきました。自社の売上目標を達成するためには、何としても今週中に担当課長に会い、商談をせねばなりません…

ここで学ぶこと
営業活動の役割と重要性・ビジネスマナー・姿勢・身だしなみ・あいさつ等

その結果

FCCへの電話、訪問、商談を通して、電話の応対、服装、身だしなみ、名刺交換、言葉づかいなど、企業人として必要なビジネスマナーを習得し、そして営業活動の役割と重要性(コミュニケーション・顧客志向)を理解します。また、先ほど第Ⅰ部で新しく学んだことを、次のグループ活動で活かしていくことによって、集団としても成長していくセッションとなります。

ページの上部へ戻る

第Ⅲ部 フライングカー・ビエントを作って損益を出してみよう

ストーリー

会社をあげての大奮闘の末、無事に受注を獲得できました。しかし喜びもつかの間、FCCから予想以上に厳しい納期・品質が要求されます。顧客の期待を満たし、自社の利益を確保すべく チームは計画を練り始めます…

ここで学ぶこと
組織活動のあり方・仕事の進め方・意思決定・役割分担・時間、納期意識・コスト意識・損益の仕組み・利益の重要性

その結果

ここでは、効果的なコミュニケーションとは? 意思決定の仕方は? お互いの役割分担はどのようにするのがいいんだろう? 仕事の計画の立て方や実行、また進行具合を見ながらの計画修正についてなど、実際の業務の場面により近い体験をしながら、組織で働く上で必要かつ大切なことがらを学んでいきます。第Ⅲ部の終了時には、営業活動、製造活動、そして損益計算という一連の企業活動を体験したことになります。

一つひとつの実習や演習を夢中で行ってきた受講生ですが、ここで、企業活動の大きな流れ、社会的存在としての企業のあり方、また、コミュニケーションや意思決定などといった、仕事をしていく上での人間関係の側面について、自らの体験に基づいた確かな知識化がなされます。

ページの上部へ戻る

第Ⅳ部 気づきを支援しあおう

ストーリー

1人ひとりが悩みながらも力を尽くし、チームワークのもと、大型プロジェクトは終了しました。
チームメンバーは共に難関を乗り越えた仲間同士で、率直に言葉をかけあいます。

ここで学ぶこと
自分への気づき・支えあい・称えあい・感謝の気持ち

その結果

メンバーからのフィードバックを聴いて、自分の傾向が現れたと感じることもあれば、思わぬ自分を発見することもあります。受講生は、他者から見えた自分と素直に向きあい、研修全体を通して学んだことや気づいたことを、深くふりかえります。
このセッションを通して、自分を知り、相手を知り、互いの間に育まれる通じあいを改めて感じ、多様な人と共に働くことの大切さと素晴らしさを実感します。

  • 体験・セミナーを申し込む
  • 導入の形態とコストについて
    ※導入形態により費用が異なります

実施スケジュール例

2日間の実施

実施スケジュール例

1日間の実施

実施スケジュール例

  • 0120-033-796
  • 「FCCサイトを見た」とお伝えください
  • お問い合わせフォーム
  • 資料ダウンロード

ページの上部へ戻る